講師紹介 <講師紹介>

<原田 価世子>

The English Workshop代表の原田価世子です。
米国テキサス州Sam Houston State Universityを卒業。
専攻:心理学
英語検定:1級
TOEIC:985点

私は14歳の時初めて米国の家庭で1ヶ月ホームステイしました。
その後交換留学で高校3年の一年間を米国で過ごし、卒業後現地の大学に進学しました。
その間実に様々な国の人達と接し、文化、考え方や生活習慣は違っても家族を大切にする
心や母国を思う気持ちは世界中変わらないと感じました。
日本では綺麗な発音を重視した英語教育ですが、他国の学生は
英語の発音等気にもせず、自分の考えを述べ、何とも逞しい姿でした。
現地の人達も「聞きやすい」発音を好む人は確かに多いですが、私は
そんなことより発言の中身の方を重要視するべきだと思います。


英語でしか表現できない言葉の使い方に出会った時(例えば詩/小説/歌詞/自叙伝等を読んで感動した時)や
異文化を持つ方と分かり合えた時は英語を使えて良かったと思います。


The English Workshop は1993年に開校以来22年経ちました。
小規模で高品質なレッスンを提供するよう、地道に努力してきました。
過去10年間は英会話教室を経営する傍ら、私の英語が社会で通用するものか試す為に
某大手自動車会社で開発の通訳や翻訳業務に当たりました。専門用語は新たに覚える
必要があり、失敗もありましたが、何とかお役に立てたかと思います。
あまり色々手を出し過ぎてもいけないので、現在は自動車関連の翻訳のみ受けております。

言語はスポーツや音楽等と同様、常に接していなければ技の上達に繋がりません。
レッスン時間内に中身の濃いアクティヴィティーをすることはもとより、
週に一度のレッスンの他、英語と接する時間を持つことが上達の近道です。


英語を自分のものにするには長期記憶として覚えている必要があります。
The English Workshopでは長期記憶をする為のアクティヴィティーを数多く用意しています。


若い時から英語に接している方が良いにこしたことはありませんが、大人になってからでも
英語/英会話の学習は決して遅くないと考えます。社会人としての考え方、
判断力がついているのですから英語での表現力に繋げていければ
努力次第で向上させられます。 The English Workshopではそのような学習がしやすい
環境を整え、皆さんを支援するコーチ役ができればと思います。

<フェリックス ヴェリス>

Washington State Universityを卒業。
専攻:社会学及び言語学

Hello everyone! My name is Felix Veliz. I'm originally from Mexico.
After living in the United States for over 8 years, I moved to Japan.
I have been living in Japan for quite a few years.

During these years, I have had the opportunity to learn some Japanese
which has made my life a lot easier here in Japan. By learning Japanese myself,
I could understand how different the Japanese language is from English.
It is well known that many Japanese students struggle to get some English conversational skills.

Living and teaching English in Japan has given me the experience to have a better
understanding on how to help and motivate students. Here in English Workshop
we try to teach with a variety of materials. We include textbooks and realia
such as newspapers, magazines, pamphlets and others.

Our teaching method emphasizes speaking of course with the constant reinforcement
of reading and listening as well as some writing. Here at English Workshop we
make sure that our young students start to understand the importance of communicating in English.
Young students can associate what they are learning in school and make use of what they learn.

As for the majority of our adult learners, we try to encourage them to make use of
what they have learned in their school years considering their busy schedules.
Learning a language is a process which requires approaching a foreign culture.
In the case of English is not limited to one country nor to one group of people
but to a wide range of cultures, accents and ways of thinking.
Here in English Workshop we teachers try to let the students know what the English language is.

Come and join us in a relaxed atmosphere and let us help you enjoy English.

Respectfully,
Felix Veliz

<森下 純江>

名古屋短期大学を卒業。
専攻:教養科

家族は夫、子供3人、そして自分の両親と同居しています。

私は高校3年のときに、近所に住んでいたオーストラリア人の方に英会話を習い始めました。
短大を卒業するまでの3年間習っていましたが、それは子供が習字を習うのと同じような感覚で、
将来英語を使った仕事に就きたいという希望もなく、ただなんとなく母親が「英会話教えてくれるらしいよ。行ってみる?」
という言葉に誘われて通い始めたに過ぎませんでした。


そのオーストラリア人の方が、私が短大を卒業するのと同じ時期に帰国することになり、私は彼女を訪ねオーストラリアに行きました。
すると、なんて素敵な世界があるのだろうと気づかされました!
何かが特別ではないのだけれども、人々の生活の時間がとても穏やかにゆっくりと流れている、もっとここにいたいなぁ、
旅行ではなくもっと長い時間をかけて。そう思いながら日本に帰ってきました。
ワーキングホリデーという制度のことを詳しく調べ、会社勤めをしながら英会話を習うようになって間もないとき、
このEnglish Workshopのことを知りました。


アットホームな雰囲気の教室で自分の考えたことを英語で話すということを教わり、
それはその後、ワーキングホリデーでオーストラリアに行ったときにとても役立ちました。
オーストラリアでは学校に通った後、通訳のアルバイトをしました。ここには書ききれないくらいのたくさんの思い出があります。
英語を通じて、世界がどんどんと広がっていくのです!
英語をただ習うのではなく、一つのツールとしてもっと自分の世界を広げてみましょう!
一緒に高めていければなぁと思います。



inserted by FC2 system